苫小牧市 一般歯科・義歯(入れ歯)・口腔外科・予防歯科 沖歯科医院

苫小牧市 一般歯科・義歯(入れ歯)・口腔外科・予防歯科 沖歯科医院

沖歯科医院へのご予約・お問い合わせは 0880-800-8545

予防歯科

予防歯科で事前に虫歯を防ぐ

痛くなる前に防ぐことが大切

「予防歯科」とは、虫歯や歯周病など、具体的な症状が出る前に定期検診や口腔内クリー ニングを行って、お口の健康を守る歯科医療のことです。

細菌の塊である歯垢(プラーク)を口腔内に溜めてしまうと歯周病や虫歯になるリスクが高まります。

お口の健康は、体の健康にも密接していて非常に重要なものとなるため虫歯や歯周病を防ぐためにも、日々のケアは欠かせません。

毎日歯ブラシをしていても、虫歯・歯周病になる!?

近年の統計によると、毎日歯を磨く人の割合は全体の95%にも関わらず、90%以上の人が虫歯になり、80%以上の人が歯周病にかかっているというデータが出ています。
なぜ毎日歯を磨いているのに、これほど高い割合で虫歯や歯周病になる人が多いのでしょうか。
それは、自分の歯磨きだけでは、口腔内の歯垢をきれいに取り切れていないからです。
自分では、口腔内のすみずみまできちんと磨いているつもりでも、歯垢を完全に取り切るのは非常に難しいことなのです。

プロによるケアで、お口の悪循環を断ち切る!

自分では細部まで丁寧に歯磨きしているつもりでも、歯と歯のすき間や、奥歯の裏側などにはどうしても磨き残しが出てしまいます。
その部分に汚れが溜まっていき、歯垢(プラーク)となり歯石となって歯にこびりついてしまいます。
その歯石の上にさらに汚れが付着し、歯石となるという悪循環で、口腔内の環境がどんどん悪化していくのです。
恐ろしいことに、わずか1mgのプラークには1億個以上の細菌がいると言われています。
この細菌が、歯や歯を支える骨をどんどん溶かしてしまうのです。

この悪循環を断ち切るためには積極的に予防歯科を利用して、口腔内のクリーニングと自身の歯磨きを併用し、可能な限り歯垢(プラーク)を除去することがとても重要なのです。

歯周病について

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、放置していると歯を失ってしまう怖い病気です。
一昔前は歯槽膿漏と呼ばれ、不治の病と言われていました。

健康的な歯ぐきは引き締まったピンク色ので、腫れや口臭があまり生じません。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの隙間に、プラーク(歯垢)が付着していると歯周病菌が繁殖し、歯ぐきに炎症が起きます。
歯肉がプクプクと赤く腫れあがる「歯肉炎」が、歯周病の初期症状です。
さらに進行すると歯を支える骨が溶け、歯を支える土台がもろくなってしまいます。
これが歯周病によって歯を失ってしまうメカニズムです。

こんな症状はありませんか?

□ 歯磨きの時に出血する

□ 口の中がネバネバする

□ 歯肉が痒い、または痛い

□ 歯肉が赤く腫れている

□ 口臭が酷くなった気がする

□ 固いものが噛みにくい

□ 歯が長くなったように見える

□ 歯と歯の間に隙間が出来た

歯周病による合併症のリスク

肺炎
ぜんそく
早産
脳梗塞
糖尿病

近年、歯周病は合併症の原因になることを危惧する研究が発表されていま す。歯周病によって口内で蔓延した細菌は肺や血管に取りこまれ、体内で拡散されること で肺炎・ぜんそくなどの呼吸器疾患、心臓発作・脳梗塞・糖尿病や早産などのリスクが高まるとされています。

ページトップへ戻る

苫小牧 沖歯科医院

Copyright(C) OKI dental clinic All Rights Reserved.